★ママ・プレママ必見★日常のお買物をサポート! お受験じょうほうTOPへ 
 
学校説明会レポート2016年度入試(2015年実施)
※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。
  星野学園小学校
日程 2015年5月30日(土)
受付 9:30〜
時間 10:00〜11:45
名称 第1回入試説明会
場所 講堂
回数(全回数) 1(4)
持ち物 申し込み控え 不要
上履き 持参
その他 -
申し込み(予約)
申し込み方法

web TEL FAX

参加人数 約100人
父親の参加率 約10%(含夫婦連れ) 託児あり
服装 フォーマル 100%
スマートカジュアル 0%
ラフ 0%
子供向け企画 -
配布物 学校案内
入試問題/解説 -
願書
説明会用レジュメ
アンケート用紙
その他
願書(有料・無料)  
開始前

会場映像等

なし
映像時間 -
映像内容 -
説明会時間

約1時間45分

プログラム1 筝曲演奏
時間 約5分
説明者 小学2年生児童
内容 小学2年生児童全員による筝曲「春の小川」演奏。はじめに児童4名(上級生)が筝曲授業について紹介
プログラム2 学校紹介
時間 約25分
説明者 校長先生
内容 創立以来教養教育・全人教育が方針。建学の精神は文武両道。学習では英語・国際教育を重視。自尊感情も養いたい。本校は失敗しても許す学校。「反省」を教える。高校では退学者を出したことがない。みんな等しく大切な児童・生徒として迎える。
プログラム3 学校生活紹介(作文を読み上げる)
時間 約10分
説明者 小学校5年生児童2名(男女)
内容 男子児童より、学校のいいところ(広さ・施設・行事など)。女子児童より、授業と自宅学習(授業では調べ学習、ディベート、星野漢字検定、剣道など。自宅学習では宿題プリントと先生手作りによる自主学習プリントを使用。両方とも先生に提出)。これからニュージーランド修学旅行に向けて英語で挨拶文を書くところ。
プログラム4 英語教育について
時間 約10分
説明者 教員(英語科担当)
内容 1・2年生は週1時間でネイティブ教員と日本人教員のティームティーチング。3年〜は週2時間、うち1時間はネイティブ教員と日本人教員のティームティーチング。1時間は日本人教員による読み書きの授業。5年はニュージーランド留学旅行で現地校との交流とファームステイ。事前・事後学習も行う。英語学習の到達目標として、6年生で英検5級全員取得をめざし、94%が合格できている。中学は準2級目標。高校は2級目標。
プログラム5 理科教育について
時間 約10分
説明者 教員(理科担当)
内容 理科教育のねらいは、実験・観察の技術、考える力・まとめる力を身につけさせること。授業ではノート指導もしっかりと行い、予想、実験・観察、まとめを書く。根拠などを示して書くことも指導する。定期試験は中間・期末、学年末に行う。
プログラム6 学校紹介
時間 約20分
説明者 映像のみ
内容 写真、動画にナレーション。沿革、教育方針(全人教育を行う)、安全対策(ICカードにより登下校メール配信など)、施設、めざす児童像(情操教育・英語教育・学力養成の3つの柱)。学力養成として、算数は習熟度別授業も行う。理科は独自テキストも使用。行事について(宿泊行事を各学年で実施)
プログラム7 27年度入試結果と28年度入試について。その他補足
時間 約25分
説明者 教頭先生
内容 27年度の受験倍率は1.2倍程度(3回合計)。28年度も入試を3回実施する。単願入試希望者は必ず個別相談を受けること。ペーパーテストの話の記憶は、例年900字程度のものを出題。運動は「走る・とぶ・支える」課題が基本。5種類程度の連続運動で、最初に教員が手本を示す。制作は指示制作と指示行動(行動観察)。面接試験は本人と保護者同伴。面接官は2名(小・中・高の教員)。本人への質問も行う。受け応えの基本を身につけておいてほしい。わからないときは「わかりません」と答えられるように。試験当日は車での送迎可(駐車場有)。一般入試(併願入試)合格者の入学金・施設費振込期限は11月9日。補足として、28年度より宮原駅と東大宮駅発のスクールバスが1年生から利用できる。トイレ付のバスを運行。
質疑応答 なし
相談内容 -
個別相談
個別相談対応者 不明
見学有無 校内施設 ○ 教員が案内(授業参観有)
授業
アンケート
終了後 会場映像等 なし
映像時間 -
映像内容 -
編集後記 全人教育を行う学校として、学習指導、生活指導(礼儀などのしつけ)、道徳教育、すべて充実していることが伝わってきた。グローバル教育も力を入れ、成果を得ている。児童による筝曲演奏もとても上手で驚かされた。5年生の学校紹介もしっかりとしていた。お辞儀も上手で、これも感心させられた。真面目さ、態度、高い意識などが養われている。100年超の伝統校としての自信と安定感も大きな魅力。校長先生はじめ、先生方は温厚で真面目。施設も申し分ない。校舎は木を多用していて美しく温もりがある。
(編集部S)

 >>星野学園小学校の詳しい情報を見る

お受験じょうほうTOPへ
×閉じる