★ママ・プレママ必見★日常のお買物をサポート! お受験じょうほうTOPへ 
 
学校説明会レポート2016年度入試(2015年実施)
※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。
  東京学芸大学附属小金井小学校
日程 2015年9月12日(土)
受付 10:00〜
時間 10:30〜11:10
名称 学校説明会
場所 体育館
回数(全回数) 2(3)
申し込み(予約) 不要
申し込み方法 -
持ち物 申し込み控え -
上履き
その他 履物を入れる袋 筆記用具
参加人数 約380人
父親の参加率 約40%
服装 フォーマル 約50%
スマートカジュアル 約45%
ラフ 約5%
子供向け企画 なし
配布物 学校案内
入試問題/解説 なし
願書
学校案内・募集要項は出願資格があるものにしか配布されない。 生年月日 住所 名の記入が必要。
説明会用レジュメ なし
アンケート用紙 なし
その他 なし
開始前

会場映像等

なし
映像時間 -
映像内容 -
説明会時間 約35分
プログラム1 あいさつ
時間 約5分
説明者 校長 繁田先生
内容 3つの特色のある学校。
(1)国の教員養成附属の小学校で教育実習がある。
(2)大学と連携して日本の最先端の教育をするモデル校。
(3)国公立2万校ある中で唯一独自の海や山を持っており、3年間で20泊以上体験する学校。
是非いらしてください。
プログラム2 特色と児童の募集について
時間 約30分
説明者 副校長 関田先生
内容

〈1、国立学校法人附属小学校である。〉使命と役割は
(1)教育実習生の受け入れ
(2)地域のモデル校である事。その課題と問題点は国からの予算の減少により、教育後援会からの寄付がないと学校を運営できない。その為入学後は、全員2つの後援会の会員となり、入会金と会費が必要となる。
〈2、特色〉  校長のお話しの通り。
〈3、教育目標〉
○明るく思いやりのある子 ○強くたくましい子 ○深く考える子 
心身の逞しさを身に着け仲間と心を一つに! 
教員は日々子どもたちのため改善研究し授業を大切にしている。
〈4、出願にあたって〉 
2つの後援会のほかに、保護者と教師の会(PTAのようなもの)に全員参加。こちらも入会金会費が必要。中学へは7割が進学、小中一貫ではないので基本は受験体制。食物アレルギーへの対応は努力しているが十分ではないため、お弁当やおかずを持参してもらう場合もある。その他冊子をよく読み子どもが合っているか、保護者が本校の教方針を十分理解できるかよく考えて出願してほしい。募集要項6〜8ページをよく読み願書を提出してほしい。間違えは無効、紛失も再発行なし。通学の安全は6年間の課題であり、長距離通学は、リスクと負担が伴う。教育活動は地道で、当たり前の教育をし、背伸びはしない。学校だけで教育するのではなくご家庭の教育が必要。

映像で沿革、施設の説明、アクセス、校章の説明、教育目標などを、学校の1年間の様子を通して紹介する。(約15分)

質疑応答 なし
相談内容 -
個別相談 なし
個別相談対応者 -
見学有無 校内施設 なし
授業 なし
アンケート なし
終了後 会場映像等
映像時間 約5分
映像内容 5年2組が作成した学校PRビデオ 1日の様子を紹介する。登校時、授業、給食、掃除、休み時間、委員会活動、校内の自然の紹介。
編集後記 場所柄自然に囲まれ敷地も広く、学校のシンボルの樹齢100年の大木に見守られ、愛情たっぷりの教員と暖かい家庭とが同じ方向を向いている学校と言う印象をもった。また3年で20泊以上の宿泊授業からは机上では学べない貴重な体験ができるであろう。しかしそれを継続するには、どうしても施設を管理する経費などが掛かってしまうのは当然で、そこを十分理解したうえで、受験に臨みたい。
(編集部M)

>> 東京学芸大学附属小金井小学校の詳しい情報を見る

お受験じょうほうTOPへ
×閉じる