★ママ・プレママ必見★日常のお買物をサポート! お受験じょうほうTOPへ 
 
学校説明会レポート2016年度入試(2015年実施)
※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。
  玉川学園 小学部
日程 2015年9月26日(土)
受付 9:30〜
時間 10:00〜11:50
名称 第3回学校説明会
場所 講堂
回数(全回数) 3(3)
申し込み(予約)
申し込み方法 HP
持ち物 申し込み控え 不要
上履き 要(スリッパ貸出し有り)
その他 下足入れ袋
参加人数 約650人
父親の参加率 約70%(含夫婦連れ)
服装 フォーマル 約90%
スマートカジュアル 約10%
ラフ 0%
子供向け企画 なし
配布物 学校案内
入試問題/解説 なし
願書
説明会用レジュメ
アンケート用紙
その他 えんぴつ
開始前

会場映像等

なし
映像時間 -
映像内容 -
説明会時間 約1時間50分
プログラム1 吹奏楽アンサンブル
時間 約10分
説明者  
内容 8年生・9年生(中2・中3)吹奏楽アンサンブルによる演奏。
プログラム2 玉川学園小学部の教育・入試について
時間 約40分
説明者 教育部長
内容 スライド資料を使って
(1)2006年より12ヵ年一貫教育をスタートし、【一つでも多くの夢を叶える】よう、教育して参りたい。 
(2)【12の教育信条】をもとに、世界で活躍するのに必要な知識や学力をバランスよく教育していく。 
(3)探究学習、言語技術やコミィニケーション能力、自ら学ぶ態度を育成したい。 
(4)【ホンモノに触れる】教育。縄文土器を見ながら昔の生活を学習する、、など、ホンモノに触れることで子供達にスイッチが入る。 
(5)【歌にはじまり、歌に終わる】朝・昼・帰り・学校生活の中にたくさん音楽がある。 
(6)キャンパスを活かした【丘めぐり】→タケノコ掘り、草花遊び、また労作活動として4年生は当番制で事務室まわりの清掃、校旗を揚げたり、鳥小屋清掃や朝会の指揮など、4年生が当番活動として最優先で行っている。
(7)心の教育→【TAP】玉川アドベンチャープログラム、学校の裏庭にある施設を利用して、チームワークと冒険心を培う。
(8)【学びの技】・思考力・探究学習を養う→正解のない事を考える力を育成する。
(9)考えた事を【伝える】力を育成、一年間の最後に【スーパープレゼン】として、みんなの前でプレゼンする機会がある。(選ばれた生徒達によるプレゼン。) 
(10)英語・国際交流。玉川学園はもともと交際交流・国際理解を大事にしている学校である。
(11)BLESクラス→来年開設予定、現在、文部科学省「教育課程特例校」申請中。ただBLESクラスもメインクラスも目指す教育は同じ、【夢の実現に向けて】→きれいな心・よい頭・つよい体・言語技術・論理的思考力。を育成していく。
(12)入試及び学費についてのお話。 特にBLESクラスは内部進学者を含めて 定員 35名を予定しているが、入試の結果2クラス(70名)になることもあり得る。
プログラム3 校舎移動
時間 約15分
説明者 教職員
内容 教師の方たちの引率のもと、低学年校舎へ移動。
プログラム4 授業参観
時間 約45分
説明者  
内容 配布された資料の通り、各教室で行われている授業を自由に見学することが出来た。
質疑応答 なし
相談内容 -
個別相談 ○ (別途会場)11:50〜
個別相談対応者 8名
見学有無 校内施設 ○ 自由見学
授業 ○ 11:05〜11:50
アンケート
終了後 会場映像等 なし
映像時間

-

映像内容 -
編集後記 小田急線 【玉川学園前】の改札を出ると、すぐに正門があり、横断歩道の前には3名の警備員さんが、来場された方の安全に配慮して、丁寧にご案内をしていた。 玉川学園のキャンパス内にはとても緑が多く、また、診療所【健康院】など、とても趣のある施設に囲まれ、訪れた保護者の方の反応はとても良かったように感じた。説明会の会場である講堂は満席で、定員以上のご来場者は、別室で説明会を中継して見れるように対応されているとのお話があり、玉川学園小学部への期待値が大きいと感じた。 8年生・9年生の吹奏楽アンサンブルの演奏はとても素晴らしく、参加された方の気持ちを和らげるのにとても良いと感じた。 説明会の全体を通して、音響や照明、時間配分など完璧で、学校側の説明会に対する真剣な思いを感じた。
(編集部O)

>>玉川学園小学部の詳しい情報を見る

お受験じょうほうTOPへ
×閉じる