★ママ・プレママ必見★日常のお買物をサポート! お受験じょうほうTOPへ 
 
学校説明会レポート2016年度入試(2015年実施)
※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。
  帝京大学小学校
日程 2015年7月11日(土)
受付  
時間 9:30〜12:00
名称 第3回 オープンスクール・学校説明会
場所 体育館
回数(全回数) 3(4)
申し込み(予約) 無くてもよいが体験授業参加希望の場合は予約が必要
申し込み方法 HP
持ち物 申し込み控え 不要
上履き 不要
その他 上履き不要となっているが、スリッパには履き替えるので自分の物を持参している保護者もいた。
参加人数 約70人
父親の参加率 約45% ほとんどがご夫婦
服装 フォーマル 約90%
スマートカジュアル 約10%
ラフ
子供向け企画 レゴ体験、過去問ペーパーテスト体験、タブレット授業の体験
配布物 学校案内 あり
入試問題/解説 なし
願書 なし
説明会用レジュメ なし
アンケート用紙 あり
その他 イギリス語学研究チラシ 帝翔塾のチラシ 26年度中学合格実績 入学試験要項 校内新聞 帝翔キンダ―クラブチラシ 公開行事案内チラシ
開始前

会場映像等

あり
映像時間 約15分
映像内容 学校の1日の様子や校内施設の紹介動画
説明会時間 約40分
プログラム1 校長先生あいさつ 教育理念 教育目標
時間 約10分
説明者 校長 星野昌治先生
内容 平成17年に開校、創立11年目に入った。日本一の小学校を作りたい。他の学校の良い所を参考にする。海外ではフィンランドやデンマークのレゴ教育の導入や、国内では慶應幼稚舎、立命館小学校をモデルとしている。帝京大学グループの建学の精神を教育理念とし、それを踏まえ『強く・優しく・美しく』を教育目標とし、この考えに賛同してくださるご家庭に是非志望してほしい。子どもにとっては学びがい通いがいのある学校、保護者にとっては学ばせがい通わせがいのある学校、教師にとっては働きがい生きがいとなる学校でありたい。
プログラム2 1年生の生活
時間 約10分
説明者 1年生学年主任 古野 先生
内容 規模は大きくないがその分アットホームな学校。異学年の仲が良い。1年生は姿勢や鉛筆の持ち方など基礎を学ばせたい。国語では辞書引き学習もおこなっている。自ら調べ、考えるようになるためにまずは低学年は辞書に親しむ事から始める。スライドを使いながら、付箋で分厚くなった辞書も紹介。
プログラム3 入試について
時間 約10分
説明者 副教頭先生
内容 本日1年1組の教室に過去問を用意。入試日程の説明。T期で受験すると有利。選考方法について。総合的能力検査(お話しの聞き取り問題など言語、数、常識。ペーパーテスト、ひらがな、数字など書く問題は出ない。)行動観察、ここ数年レゴを使った観察。グループで作り上げる問題。コミュニケ―ションがとれるか、検査官の指示に従えるかなど。面接は親子同伴。学校側は校長を含む2〜3人の面接官。内容は本校教育に対する理解と本校を選んだ理由などを聞く。次回の説明会では行動観察の試験の体験を予定。
プログラム4 アフタースクール(帝翔塾)の説明
時間 約10分
説明者 スタッフ
内容 放課後の学童のようなもの。放課後の預かりの目的と、色々なプログラムがあり市民先生を呼んで本物を体験するという目的がある。大学の教育学部の教員志望の学生もスタッフとしている。平日は下校〜7時まで長期休暇時は8:15〜7:00まで利用可能。詳しくはアフタースクールのブログがあるので見てほしい。
質疑応答 なし
相談内容 -
個別相談 あり
個別相談対応者 校内の色々なところで教員が対応していた。
見学有無 校内施設 あり 10:30〜12:00
授業 あり 10:30〜12:00
アンケート あり
終了後 会場映像等 なし
映像時間 -
映像内容 -
編集後記 素晴らしい施設であった。広大なグランドに木のぬくもりの校舎にハイテクな設備。スクールバスはあるものの若干山の奥の印象はぬぐえないが、あれだけの環境が整っているならば、遠さも仕方がないと思える。理系分野と英語に力を入れているとのことで、実験室の隣にプラネタリウム。その隣にロボットの部屋・・・電子黒板の教室。また音が良く響きそうな天井の高いそれでいて防音装置完備の音楽室も充実していた。贅沢の一言に尽きる。またいたる所で先生方が質問を受け付けており、とても丁寧な印象を受けた。アフタースクールも現在40人ほどの利用があるとのことだが、学校と同じ敷地内で安全でかつ放課後友達と一緒に過ごせるという面でも、ありがたいシステムに思う。(編集部M)

 >>帝京大学小学校

お受験じょうほうTOPへ
×閉じる