★ママ・プレママ必見★日常のお買物をサポート! お受験じょうほうTOPへ 
 
学校説明会レポート2016年度入試(2015年実施)
※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。
  東京都市大学付属小学校
日程 2015年9月12日(土)
受付 8:15〜 (公開授業)
時間 公開授業 8:40〜9:30  入試説明会 9:55〜11:20
名称 学校説明会・公開授業
場所 入試説明会:付属中学校アルママタホール(多目的ホール)
公開授業:付属小学校アリーナ、各教室
回数(全回数) 2(2)
申し込み(予約)
申し込み方法 HP
持ち物 申し込み控え
上履き
その他 上履きは公開授業参加の場合は必要。説明会のみの場合は不要。
参加人数 約850人
先行して実施された公開授業の参加は約500名。説明会には児童を含めた家族での参加者が約4割。
父親の参加率 約60%
服装 フォーマル 約95%
スマートカジュアル 約5%
ラフ 0%
子供向け企画 なし
配布物 学校案内
入試問題/解説 なし
願書
説明会用レジュメ
アンケート用紙 なし
その他 グループ学校の案内
開始前

会場映像等

映像時間 約10分
映像内容 学校紹介、新校舎・セキュリティ、グループ校説明
説明会時間 説明会 約1時間 (説明会の前に公開授業を実施)
プログラム1 挨拶・学校の特色
時間 約25分
説明者 重永睦夫校長先生
内容 (校長先生のお話の前に、5年生の合唱発表5分、説明会プログラムと先生方の紹介5分)
●挨拶
●次々と新しい試みを実施している東京都市大学付属小学校の学校・教育プログラムの特色
 ・習熟度別算数学習
 ・速読指導
 ・漢字検定の導入
 ・三國清三氏による食育授業「ミクニレッスン」の導入
 ・ネイティブスピーカーによる英語学習 など
●PASMOを利用したセキュリティシステムや・安全面への配慮、対策について
プログラム2 教育方針・内容
時間 約10分
説明者 主幹教諭 青木先生
内容 教育の特色である「高い学力の定着」「豊かな心の育成」について、スライドを使用しながら説明された。
(1)建学の精神
 [健やかに賢りりしく凛として世界にはばたく気高き子供たち] という初代理事長である五島慶太氏の建学の精神
(2)学校目標
 高い学力と豊かな心の二本の柱のもと、世界に通用するリーダーの育成を学校目標としている
(3)学習内容
 自主性や社会性をはぐくむ体験学習や、「受験理科」「算数習熟度別学習」など中学受験に向けてのプログラムや独自のカリキュラムを導入している
(4)中学進学について
 80%が私立・国公立中学へ進学しており、個別進路指導も丁寧におこなっている
(5)学校行事
 Bunkamuraオーチャードホールで行う音楽発表会や宿泊体験学習豊かな心を育むための情操教育プログラムも充実している
プログラム3 入試について
時間 約25分
説明者 主幹教諭 別府先生
内容 (1)2016年募集概要 男女比など
(2)出願の詳細・注意点  出願は郵送のみ : 10/1〜3日消印有効。3日は土曜なので注意。
(3)入学試験について
出願時に11/3・4日どちらか一日を指定する。出願後の変更は不可なので注意。
内容:個人テスト、集団テスト、保護者面接。
※試験内容、面談の注意点など、かなり具体的な説明がされた。
(4)判定・合格発表について テスト・面接の総合判断で合否を決定。
11/5 11:00〜学内掲示板にて発表を行う
質疑応答 なし
相談内容 -
個別相談
個別相談対応者  
見学有無 校内施設 ○ 8:40〜9:30
授業 ○ 8:50〜9:30
アンケート なし
終了後 会場映像等
映像時間 約20分
映像内容 学校紹介 入学式から卒業式までの学校生活の各場面。授業風景から教育の特徴でもある「習熟度学習」の授業風景、学校行事など
編集後記 「日本一楽しく中学受験できる学校」を合言葉と掲げるだけあって、中学進学をバックアップする体制・プログラム・設備環境は充実していると感じた。今回の入試説明会は、考査・テスト方法や、入試当日までに何をすべきかなど、丁寧に説明されたため、参加保護者たいへん参考になったと思う。また、公開授業は校舎1階から3階まで自由に見学でき、習熟度学習におけるクラス授業内容の違いが分かるように配慮されていた。2009年に完成した校舎はアリーナを囲むようにして配置され、各教室は開放的で明るい。セキュリティシステムについても遠方から通学する児童の保護者には安心だ。公開授業や合唱発表での児童の生き生きとした様子も印象的であった。
(編集部S)
>>東京都市大学付属小学校の詳しい情報を見る

 

お受験じょうほうTOPへ
×閉じる