★ママ・プレママ必見★日常のお買物をサポート! お受験じょうほうTOPへ 
 
学校説明会レポート2016年度入試(2015年実施)
※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。
  東洋英和女学院小学部
日程 2015年5月9日(土)
受付 12:00〜
時間 13:00〜
名称 第1回学校説明会
場所 講堂
回数(全回数) 1(2)
持ち物 申し込み控え 不要
上履き 持参
その他 なし
申し込み(予約) 不要
申し込み方法 -
参加人数 約600人
父親の参加率 約30%(夫婦)
服装 フォーマル 100%
スマートカジュアル 0%
ラフ 0%
子供向け企画 -
配布物 学校案内
入試問題/解説 なし
願書 頒布なし
説明会用レジュメ
アンケート用紙
その他 土足用ビニール袋
開始前

会場映像等

なし
映像時間 -
映像内容 -
説明会時間 約1時間10分
プログラム1 挨拶 聖歌隊合唱(4.5.6年有志)
時間 約5分
説明者 教頭先生
内容 冒頭あいさつと、聖歌隊の讃美歌453番とあおきまきばときよきみぎわ2曲合唱
プログラム2 作文紹介「私たちの学校」
時間 約8分
説明者 児童 5・6年代表
内容 5年生6年生の代表一人ずつがそれぞれ学校の好きなところを作文にして朗読した。5年生は全教室にオルガンがある、給食は全校生徒で一緒に食べる、入学式卒業式も全校生徒が参加する、また80年間変わらぬ制服が大好きである等、具体的に好きな事柄を挙げ、6年生は敬神奉仕の心、年上が年下の面倒を見る縦の関係、賛美歌を歌い心穏やかになる礼拝の時間、他校の生徒と交流が持てる日曜日の教会学校など、教育理念について紹介していた。
プログラム3 東洋英和女学院及び小学部について
時間 約24分
説明者 部長先生
内容 作文を5・6年全員に書いてもらった。6年生は下級生がかわいい、自由な校風、自分を先生が信じてくれる、行事が楽しいなど。5年生は休み時間、給食が楽しみなどが多かった。その給食が本校の自慢の一つでもあり、手作りの給食を、全校生徒と教員で一緒に食べる。これは、花子とアンでも描かれていた通り、創立時からの寄宿舎時代に遡る習慣である。本校はカナダのメソジスト教会から派遣された宣教師カートメル先生によって創設された。花子とアンの時代の校長は3代目のブラックモア校長で、ドラマの中で女学校の卒業式のシーンがとても忠実に再現されており感動した。今から20年30年後、女学校時代が一番楽しかった幸せだったと言われたら、その教育は失敗である。最上のものは過去ではなく将来にあるもの。今はその準備の段階である。旅路の最後まで理想と希望を持ち続けてください。とブラックモア校長は語っていた。そして、昨年の高3の卒業リングには、the best is yet to be.と彫られている。その高3の進路は多岐にわたっている。小学部の5・6年の受験勉強がいらない分、色々な体験ができる。人との競争、比較ではなくその子らしい人生を送る準備の場として考えている。小学部は1クラス40名の2クラス。それぞれ男女ペアの教員。1年生から音楽、体育、図工、聖書は専科。4年からほかの授業も専科になる。HPをリニューアルしたので是非視てほしい。2007年から韓国ソウルの同じキリスト教の女子大附属の小学部と訪問し合う交流をもつ。隣国を知り交流を深め隣国と愛と平和の関係を保つ。また本校は土曜休みの日曜は教会の日と考えてほしい。近くの教会に出席してほしい。決して強制ではないが、キリスト教の意味を重んじ大切にしてほしい。キリスト教への理解と協力をお願いしたい。入学考査前に教会に通う必要はない。
プログラム4 保護者から見た東洋英和女学院小学校
時間 約13分
説明者 保護者(2年生の父 4年生の母)
内容 <2年生の父>  
縦の関係がありがたい。場所が繁華街なだけに心配だったが、父の会や地元の商店街などが登下校を見守ってくれており安心。
<4年生の母> 
ご本人は卒業生ではない。のびのびとした環境で開かれた明るい学校。子供と先生、保護者と先生の距離が近い。子どもの個性を失うと感じたことはない。生きて行くために必要な自信を持たせてくれる。自分らしさを認めてくれると、他人を認められるようになる。子ども同士の認め合いも時にはお節介に感じることもあるが、無関心よりよっぽど良い。
プログラム5 小学部からのお知らせ
時間 約20分
説明者 教頭先生
内容 (1)小学部の安全対策
校内の安全対策機器は毎年のように充実していっている。防災防犯に対する子どもの意識も高めている。家族で話し合う場も設けている。在校中は2名の警備員が常駐。麻布警察とも連絡は密に取れる。登下校は、父の会の立ち番や40件のお店が子ども110番に加盟してくれており、多くの方が見守ってくれている。
(2)今後の予定について
5/23(土)運動会を一般公開するが、混雑が予想されるので少し覗く程度にお願いします。
6/12第2回説明会があるが、説明会の内容は今回と同じ、校舎内見学は無、授業公開があるが、年長児の保護者に限る。
7/1オープンスクールは往復はがきで申し込み。詳しくは5月中旬にHPにup予定。 
9/10入試説明会。記入前の願書を持参するとよい。 以上
質疑応答 なし
相談内容 -
個別相談
個別相談対応者 不明
見学有無 校内施設 ○(自由見学)
授業 なし
アンケート
終了後 会場映像等 ○(動画)
映像時間 約20分
映像内容 DVDは1年間の学校生活の様子。ナレーターは小学部からの先輩、テレビ朝日の大木優紀アナ。
編集後記 とても暖かで穏やかな品位のある学校という印象をもった。先生方は丁寧でお優しく、子どもたちを心から大切に大事に接しているのがお話やDVDからも伝わってきた。
子どもたちは聖歌隊にしろ作文の代表児童にしろ清潔感があり、堂々としていた。
保護者の代表の方々も、この学校が好きで積極的に学校に関わりたいという印象が伝わってきた。
開始10分前から講堂内でパイプオルガンの演奏が始まりピリッとした。キリスト教を前面に押し出していた。
部長は花子とアンを毎日録画し、毎晩視るのが楽しみだったとのこと。あのドラマの学校の様子はかなり忠実に描かれていたようだ。一度目を通すのもよいかもしれない。
(編集部M)

 >>東洋英和女学院小学部の詳しい情報を見る

お受験じょうほうTOPへ
×閉じる