★ママ・プレママ必見★日常のお買物をサポート! お受験じょうほうTOPへ 
 
学校説明会レポート2016年度入試(2015年実施)
※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。
  横浜雙葉小学校
日程 2015年5月12日(火)
受付 9:30
時間 10:00〜11:20
名称 学校説明会
場所 講堂
回数(全回数) 1(1)
持ち物 申し込み控え 不要
上履き 不要
その他 入場前に、受付にある用紙に名前や住所などを記入する。
用紙は小学校HPよりプリントアウトできるので、予め記入して持参するとよい。
申し込み(予約) 不要
申し込み方法 -
参加人数 約700人
父親の参加率 約10%(夫婦連れ)
服装 フォーマル 100%
スマートカジュアル 0%
ラフ 0%
子供向け企画 なし
配布物 学校案内
入試問題/解説 なし
願書 有料
説明会用レジュメ
アンケート用紙
その他 学園報 ミニ学校案内
開始前

会場映像等

なし
映像時間 -
映像内容 -
説明会時間 約1時間20分
プログラム1 若いご父母に特に話したいこと
時間 約20分
説明者 学園長 田中順子先生
内容 子育てに一番大切なことは子供を見守る父母の優しさ。子どもをじっと見つめていれば心の芽生えも見逃さない、携帯をいじってばかりいれば見逃してしまう。
子どもには指示をするのではなく、ヒントを与える。すると自分で考えることを学び、自分で生きる力が身に付く。
離婚は子供にとって一番の傷。神様が二人を祝福して子供をお授けになったのだから、夫婦お互い許しあって耐えてほしい。
また、情報が多い時代。子供に何が合うか情報に流されることなく、ほかの子と比較するのではなく、親が自分で考えてほしい。
信仰を押しつけはしないが、キリスト教を心のよりどころとして信頼して生きて行くと他人に惑わされることはない。
プログラム2 教育理念
時間 15分
説明者 校長 田口久美子先生
内容 この4月から校長に着任。それまでは中高の副校長。
レジュメに載っている学校の歴史を説明。全世界に姉妹校が6校あり、その学校すべて雙葉学園の校訓「徳においては純真に 義務においては堅実に」を基に培われている。
どのような子に育てたいか。5つある。
(1)神様、人に対して感謝を持ち謙虚であれ。
(2)自己肯定力をもった子ども。 
(3)コミュニケーション力をもった子ども。
(4)リーダーシップのある子ども。
(5)グローバルな視点をもった子ども。
100年の伝統をたいせつにしつつ新しい時代の要求に応じた教育をご家庭の協力のもと目指していきたい。
プログラム3 宗教教育(神さまといっしょ)
時間 約7分
説明者 教員
内容 宗教教育は教育の中の大きな柱。朝、下校前、食前、食後にお祈り。毎月11日は被災者への祈りを続けている。
週1回道徳のかわりに宗教の授業がある。ボランティア活動や募金など宗教行事も盛ん。
宗教を押しつけるわけではないが、保護者対象のキリスト教講座もある(お母様向けには平日、お父様向けには土曜日)。
また、どなたでも参加できる宗教講演会が6/27・10/31どちらも土曜の午後予定されている。
自分も周りの人もかけがえのない存在。自分の恵みを人に分け与えられる女性になってほしい。
プログラム4 学校生活(1年生の生活)
時間 約13分
説明者 教員
内容 学校生活の時間の流れ、バスの時間などはレジュメ通り。
通学時間は60分を目安に子どもの体力を第一に考えてほしい。
スクールバスは大型2台中型3台ある。
4月の初めの1週間だけ親の付き添い通学が必要で、マナーや安全を教えてほしい。
下校は1年生だけの方面が一緒のお帰りグループと、住所に沿って全学年の集団下校用の下校グループがありなるべく一人で帰ることのないようにする。
警備員は常駐。父母にも年2回登下校の見守りがある。
緊急時のみ使用可能で申請制で携帯電話も携帯可能。
プログラム5 学習面(横浜雙葉で育んでいくもの)
時間 約15分
説明者 教員
内容 国語と算数を担任が担当し、ほか10教科は専科の先生の授業。教科によってはティームチーチング有。一人ひとりきめ細やかな学習指をする。
3年生から英語の授業有。正しい発音を学ぶためネイティブスピーカーの授業。
図書の教育にも力を入れる。
また、知的教育に磨きをかける意味でも2年生ではお米作り、5.6年生では吹奏楽団、情報の授業のために全教室でネット環境が整っている。
4年生からはクラブ活動が盛ん。
3年から宿泊授業もあり。3年学校、4年山中湖、5年箱根(変更の可能性あり)、6年沖縄。
運動会、学芸会、展覧会は3大イベント。運営にも係る。
卒業生による課外授業もあり、小学生からキャリア教育がある。
人との比較ではなく自身の中にある独自性を引き出すサポートをし、知性と理性のバランスが取れた女性を育んでいきたい。
プログラム6 雙葉の1年間
時間 約10分
説明者 教員
内容 年間で父母総会1回、懇談会2回、個人面談2〜4回。
PTAのような母の会があり、幹事は月1回の定例会有。
けがや病気などの急な呼び出しに対応ができ、子どもの心の安定できる家庭環境であればフルタイムの仕事についていても大丈夫。
6/20オープンスクール、父の日が近いので幼稚園で行事がある場合は、母だけの参加も可能。
年中以下も可能。5/19〜5/24HP上で申し込み。
質疑応答 なし
相談内容 -
個別相談 なし
個別相談対応者 -
見学有無 校内施設 なし
授業 なし
アンケート
終了後 会場映像等 なし
映像時間 -
映像内容 -
編集後記 環境の良さに魅せられる。みなとみらい線の乗り入れにより、外人墓地近くまでエスカレーターで上がれるようになっており、他のルートもスクールバスが充実しているようで低学年でも安心。
先生方も学園長はじめ優しく穏やかでほんわかした雰囲気があるものの、それでいて広い視野を持ち子どもたちの将来を見据えて暖かく見守って下さる印象をもった。
受付では事前に学校のHPからプリントアウトした受付用紙に記入して持参する。
(編集部M)

 >>横浜雙葉小学校の詳しい情報を見る

お受験じょうほうTOPへ
×閉じる