★ママ・プレママ必見★日常のお買物をサポート! お受験じょうほうTOPへ 
 
学校説明会レポート2017年度入試(2016年実施)
※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。
  立教小学校
日程 2016年6月9日(木)
受付 8:00
時間 10:30〜11:20
名称 2016年学校説明会(1)
場所 講堂
回数(全回数) 1(3)
持ち物 申し込み控え 不要
上履き 不要
その他  
申し込み(予約) 不要
申し込み方法 -
参加人数 約900人
父親の参加率 約20%
服装 フォーマル 100%
スマートカジュアル 0%
ラフ 0%
子供向け企画 なし
配布物 学校案内 あり
入試問題/解説 なし
願書 頒布なし
説明会用レジュメ あし
アンケート用紙 あり
その他 立教学院総合案内、立教学院ニュース、授業参観プログラム
開始前

会場映像等

なし
映像時間 -
映像内容 -
説明会時間 約59分
プログラム1 挨拶、本学の教育
時間 約16分
説明者 佐々木 校長先生
内容 校長あいさつの前に全員でお祈り。その後校長のお話。1948年設立以来、キリスト教の信仰に基づいた人間教育を行う。愛をもってT(自立した自分)を育てる愛の教育を掲げ、人との出逢い、神様との出逢いを通して愛されてることを実感し自分にだけ与えられた才能を発揮できる人に育てる。人は愛された実感で強くなれる。皆様も、どうか一生に一度しかない幼児期を与えられた素敵な時間として愛おしんでほしい。
プログラム2 キリスト教教育
時間 10分
説明者 小林チャプレン
内容 チャプレンとは、いわゆる牧師のこと。学校付きの牧師。お祈りや聖書の授業をしている。(説明会に先立って行われた授業参観時に児童が叱られていたことを例にとり)怒られることが多いほど、愛されている。人としての成長を大切にしている良い先生が多くいる。そんな良いモデルがあるとよい育ちができる。良いところを見続けることで信頼が生まれる。怒ること一つ一つに意味がある。「はかり」という詩の紹介。自分だけが幸せなら、幸せ、ということはない。他人の幸せを見て自分も幸せになれる。自分の幸せを人に分けてあげるという精神を大切にしてほしい。
プログラム3 入試について
時間 約23分
説明者 田代教頭先生
内容 今年もペーパー試験なし。受験番号は4/2生まれからお誕生日順で順番。入試日は11/1・11/2。1日目集団行動 2日目知恵 運動能力をみる。 試験内容は大きくは変わらない。9/10の説明会でもう少し詳しく説明。
アンケートで安全対策に関しての質問が多かった。築50年の建物であるが、震度7に耐えうる耐震。備蓄は全校児童4,5日分。プールわきに井戸水くみ上げのポンプあり。その他発電機、緊急連絡等、備えをしている。毎月11日に近い日に震災関連の講話を聞く、被災地への物品の送付を続けている。当たり前のことを有り難いと感じることを忘れない学校。
アレルギー対応が遅れており、給食がダメな場合はお弁当に。しかし、外部での活動の時は徹底して対応。
わが校は以前より男女別学。発達、思考 得意分野の差を無視して男女同じ教育をするのは難しい。学校は心地よいサービスを提供する場ではなく、社会性のトレーニングの場、父性を育てる場。適度な不満や不足を体験させる仕掛けがいっぱいの教育内容。本年度も新しい仕掛けとして、高学年の立教英国学院へ夏の9日間研修、2017年度からは5年生の希望者何名かに、一年間の留学を計画している。
本を読み聞かせ、自然の中での体験、手伝いをさせ、日常生活を大切にする、社会の決まり、ルールを厳しく指導でき、父性を発揮するための訓練に協力してくれる家庭の男子を求めている。
プログラム4 手続き、今後のスケジュール
時間 約10分
説明者 松本事務長
内容 学校案内の30ページの説明。
願書に必要事項はすべて記載。
販売は、事務室にて9月6日から9月30日まで。
願書受付後、日時指定で10月中旬から下旬保護者のみの面談あり。
・今後の説明会の日程 
7月2日(土)この日は授業参観無し。9月10日(土)授業参観も、個別質問も無し。この日も入試要項販売あり。
10/1運動会11:30頃から未就学児の参加競技有り。雨天中止の場合はHPにて告知。
この後DVD放映、個別相談ありのアナウンス。
お祈りがあり、終了。
質疑応答 なし
相談内容 -
個別相談 あり
個別相談対応者 不明
見学有無 校内施設 あり 8:20〜10:20
授業 あり 8:50〜10:20
アンケート あり
終了後 会場映像等 あり
映像時間 約15分
映像内容 立教小学校の学びと子どもたちの様子
編集後記 説明会に先立ち行われた授業参観の体育の授業では、ゴルフの練習をしていた。クラブ活動、課外活動にもスポーツ系が多く、立教大学の学生やOBが指導をしているとのこと。そのせいか、教室に掲示してある6年生の目標には、スポーツ選手を挙げている児童が多かった。チャプレンのお話にも出てきた、児童が先生に厳しく叱られている現場にも遭遇。どの教室の先生も声が大きかった。集中力を持たせる工夫もしているとこのこと、男子の特徴をしっかり把握した指導がされていることがわかる。勉強であれ、運動であれ、のびのびさせつつ、締めるところはしっかり締める。そんな学校の姿勢が感じられた。最寄駅である池袋駅からの通りは小中高大学がすべてあり、通学もしやすいと感じた。
(編集部K)

>>立教小学校の説明会情報を見る 
>>立教小学校の詳しい情報を見る

お受験じょうほうTOPへ
×閉じる