★ママ・プレママ必見★日常のお買物をサポート! お受験じょうほうTOPへ 
 
学校説明会レポート2018年度入試(2017年実施)
※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。
  目黒星美学園小学校
日程

2017年5月18日(木)

受付 9:30
時間 10:00〜11:30
名称 第1回説明会
場所 体育館
回数(全回数) 1(3)
申し込み(予約) 不要
申し込み方法 -
参加人数 約600人
父親の参加率 約30%(夫婦含)
持ち物 申し込み控え 不要
上履き 必要
その他 不要
服装 フォーマル 100%
スマートカジュアル 0%
ラフ 0%
子供向け企画 なし
配布物 学校案内 あり
入試問題/解説 なし
願書 なし
説明会用レジュメ なし
アンケート用紙 なし
その他 平成29年度学校要覧
開始前

会場映像等

なし
映像時間 -
映像内容 -
説明時間 説明時間 50分   見学30分
プログラム1 ご挨拶
時間 約20分
説明者 学校長 シスター 小島
内容 先日の出来事ですが、1年生の女子児童が6年生のお姉さんを探しているところに出会いました。先生へ忘れ物をしたことでアドバイスを求めてさがしていたそうで。入学してから、6年生が1年生の面倒をしっかりと見ていることをとても嬉しく感じました。日本の小学校のうち私立小学校は1%。その中で本校は特色のある教育活動を展開しています。例えば本校は、サレジオ会創立者ドン・ボスコと聖マリア・ドメニカ・マザレロが実践した「予防教育」を実践するために創立されたカトリック・ミッションスクールである。ドン・ボスコは青少年の『父』と呼ばれ、子供は大切にされていることを心の奥深くで感じ、大切にされていると感じることで、安心して毎日が楽しくなる。そのような教育環境を作りたい。本校は家庭的な雰囲気の中で教育を行っている。予防教育法には柔和と愛を持って健全に育てる「理性」、子供たちが納得できる信念を持つ「宗教」、その宗教を受け入れやすくするための心の通い合いである「慈愛」という3本の柱がある。実践のために大切にしていることが「アシステンツァ(共にいる)」。ドン・ボスコの言葉に愛情から信頼が生まれる、とある。教員が一生懸命準備した授業は子供たちが見抜く。心が通じ合ったときに教育はうまくいく。ドン・ボスコは落ち着きのない子供を自分の隣に座らせその子の才能を見抜きのばした。「共にいて見出す」、一緒にいて才能を見つけて伸ばしていくことも重要。一人一人のこどもに目をかけ、物理的にも精神的にも共にいる。子供たちが喜びを感じる時間は、休み時間、昼食、好きな授業、行事。常に友達と一緒の時間。そこに教員もかかわる。子供たちが「喜び」を感じられるよう努めている。喜びのある学校でいるために家庭とも協力して育て行きたい。本日の授業参観でありのままの児童の姿をみていただきたい。
プログラム2 本校の安全対策について
時間 約15分
説明者 教頭 田中先生
内容 児童の安全を第一に考えている。入学式から1週間はご両親と登下校をしてもらう。スクールバス・徒歩ルートで5方面のルートからはじまり、さらに20方面(グループに分かれて)で下校。危険も多様化している。常に危険を見つけ、予防すると同時に安全管理もしている。通学時、在校時、校外学習時、あらゆる状況を想定して子供たちへ指導、訓練を行う。学校安全に対しては専門家のアドバイスも仰いでいる。子どもたちには公共の場でどのように行動すればいいか?を学んでもらえるように取り組んでいる。
【地震についての安全対策】
新建築基準法に基づいている。全児童3日間分の備蓄。
【日常の安全対策】
通学経路の見回りと教員間の情報共有。
【防災対策】
ピンチクリアキットの携帯。小さなポーチにシート、笛、飲料水、ライト、安全のしおりを入れてある。保護者への研修も行う。
【校外活動時の安全対策】
毎年訪れる場所であっても下見を欠かさない。自然環境下での活動では必ず衛星電話を持っていく。
【児童の携帯電話所持について】
緊急時における保護者との連絡手段として許可制で持たせている。子供の利用を前提に開発された機種であることなど、条件あり。安全で楽しく過ごせる場所であるように保護者と学校が協力し共同活動を行っている。
プログラム3 DVD上映
時間 約15分
説明者  
内容 学校生活の様子。学校の歴史、教育、教員研修、校外活動などについて。生徒の作文朗読と合わせてご紹介。
質疑応答 なし
相談内容 -
個別相談 あり
個別相談対応者 教職員の皆さま
見学有無 校内施設 あり 11:00〜11:30
授業 あり 11:00〜11:30
終了後 会場映像等 なし
映像時間 -
映像内容 -
編集後記 児童たちの休み時間(教室移動)と重なっていたせいか、とても賑やかで、楽しい学校生活を送っている様子に出会いました。また、説明会へ参加される父親の姿も目立っていました。授業見学では各教科によって様々な様子の子どもたちが印象的でした。真剣に先生のお話を聞いている教室もあれば、ネイティブ教員とのコミュニケーションが活発に行われている教室もあり、先生方それぞれの熱心さが伝わってきました。次回の説明会は6月6日(火)で校内参観が出来るとのことで、ぜひ、足を運んでいただきたいと思います。 (編集部A.O)

 >>目黒星美学園小学校の詳しい情報を見る
 >>目黒星美学園小学校の説明会情報を見る

お受験じょうほうTOPへ
×閉じる