★ママ・プレママ必見★日常のお買物をサポート! お受験じょうほうTOPへ 
 
学校説明会レポート2018年度入試(2017年実施)
※説明会には編集員および協力員(保護者)が参加しました。
  新渡戸文化小学校
日程

2017年6月7日(水)

受付 9:00〜
時間 9:30〜11:15
名称 入学説明会
場所 音楽室
回数(全回数) 1(4)
申し込み(予約) 必要
申し込み方法 HP
参加人数 約100名
父親の参加率 約15%
持ち物 申し込み控え 必要
上履き 不要
その他 スリッパ貸出有
服装 フォーマル 約95%
スマートカジュアル 約5%
ラフ 0%
子供向け企画 なし
配布物 学校案内 あり
入試問題/解説 なし
願書 頒布なし
説明会用レジュメ あり
アンケート用紙 あり
その他 オリジナルボールペン ペットボトルのお茶
開始前

会場映像等

あり
映像時間 約30分
映像内容 音楽の会の様子
説明時間  
プログラム1 開会・資料説明
時間 約5分
説明者 教頭 安蔵素乃先生
内容 配布された資料の説明と本日のスケジュールのご案内。
プログラム2 本校の教育方針
時間 約10分
説明者 校長 朝倉寿夫 先生
内容 本学園は今年で90周年、小学校は開校70周年を迎え、創立100周年に向けて、建学の精神を現代に生かす改革を推進中である。キャリアマザー支援を第一に掲げ、小中学校から高校まで安心してゆったり学べる環境を提供する。個を大切にし、個にそくした教育を作り上げ、小中高の教員が、発達段階を考慮しながら同じ目線で指導していく。これは小学校がある私学、小さな学園だから可能な『一貫教育』であると考える。2017年度より高等学校では新たに普通科6コースがスタートし、チャレンジも可能な持続した学びを提供していく。義務教育期間は好きなことが安心して続けられ、高校までの進学も全員に保証。中学または高校進学時に内部進学・外部受験の選択が可能で、受験だけにしばられずゆったりと学べる環境を目指す。
プログラム3 授業参観
時間 約30分
説明者  
内容

授業参観案内の通り、各学年の教室にて授業参観。
1年生は国語『文を書こう・ひらがなの練習』。生活科『そらまめのさやむきをしよう』や、6年生の英語『世界の食べ物・食事の習慣』など参観することが出来た。

プログラム4 本校の教育内容
時間 約25分
説明者 副校長 有馬真帆子先生
内容 新渡戸先生の精神を柱に確かな倫理観を育てている。
代々引き継がれている教職員心得
・沈黙から始まる授業
・人の子を預かる以上は親心を以ってこれに対すること
・学科を授かるに知育のみに偏せざるよう【思慮】と【判断力】の養成に努めている。
38年続く、心の教育には必要不可欠な縦割り生活班(表有)は30班に分かれ、毎日の日々の清掃も縦割りで行っている。
班長(小6)は自然と責任を持って行動できるようになり、下級生は上級生の姿をみて育ち、上級生になると同じように出来るようになる。また全校遠足も縦割り班で行き、1年生の手を引いてあげるなど、強い絆を築くことが出来る。
高学年夏のサバイバルキャンプでは、火おこし体験など、食べるために何をしなければいけないのか?などを学び、子供が成長できるプログラムである。
また、本校は心の教育と体験活動を土台にした学びを大切にしており、実際に現地に行き、現地の方の指導を仰ぐなどの実体験からの学びを大切にしている。
そして、子ども園から高校まで、学園一体となった取り組みの中で、様々な人間関係を学び、社会生活で一番求められる【人間力】を養うと同時に、【問題解決能力】を向上させるサイエンスコミュニケーション科では、これからの時代を生き抜いていくために必要なコミュニケーション能力を学んでほしい。
プログラム5 アフタースクール紹介
時間 約20分
説明者 アフタースクール校長 上前善勝先生
内容 日本一のアフタースクールを目指して7年目を迎える新渡戸文化アフタースクールは他校には真似できないものであると自負している。ご家庭のためにどれだけ出来るか?を考え。本学園小中学生は無条件で利用可能で夜は7時までお預かりしている。また、長期休暇や行事の代休、台風などによる臨時休校日も開校しており、スポット預かりにも対応している。
下校時は最寄り駅やバス停までスタッフが随伴するなど、全力でご家庭をサポート出来る環境がある。『得意を見つけ、得意を伸ばす』ためにのびのびした環境を提供するため、一流の講師陣による継続的な指導を受けることができ、好きなことから得意なことへとつながる。
プログラム6 入学試験について
時間 約10分
説明者 教頭 安蔵素乃先生
内容 【新渡戸文化の願い】
素直な好奇心を持ち、挑戦する子。豊かなこころと感性を持った子。自己肯定感が強い子。自分の夢を信じる子になってほしい。また、協力しながら、課題に対して努力出来る、友達を大切に出来る子を育てたいと考える。
【試験内容について】
集団観察(集団行動・運動能力・適性検査・グループテスト・自由遊び・絵画・工作など)。
親子(三者)面接では志望理由やふだんのご家庭でのようすなどをうかがう。面接日に関して、どうしても都合がつかない場合は二者でも構わない。
質疑応答 あり
相談内容 -
個別相談 あり
個別相談対応者 教員
見学有無 校内施設 あり 9:45〜10:15
授業 あり 9:45〜10:15
終了後 会場映像等 なし
映像時間 -
映像内容 -
編集後記 新渡戸文化アフタースクールは今年で7年目を迎え、他校には真似できないと自負されているところにとても強い理念と自信を感じました。実際の講習内容は一流の講師陣にこだわり、台風でも開校する姿勢に【全力でお母様をサポートする】と言う学校側の熱意が溢れており、ご家庭も安心してお子様を通わせることが出来ると感じました。また、授業参観では、児童が楽しそうに授業に参加している姿がとても微笑ましく、間違っていても積極的に自分の考えを話しているところに、校風の良さが出ているのではないかと感じました。

 >>新渡戸文化小学校の詳しい情報を見る
 >>新渡戸文化小学校の説明会情報を見る

お受験じょうほうTOPへ
×閉じる