小学校受験の「お受験じょうほう」
私立小学校情報
HOME | 私立小学校・国立小学校一覧 | 幼児教室一覧 | 入試情報 | 学校説明会情報 | 書籍購入 | 模試一覧 | お役立ち情報 | 資料請求| お問い合わせ
 TOP東京の私立小学校一覧
 > 東京農業大学稲花小学校(学校情報)  東京農業大学稲花小学校(入試情報)  東京農業大学稲花小学校(説明会)
東京都世田谷区 [共学]
 と う き ょ う の う ぎ ょ う だ い が く と う か  
東京農業大学稲花小学校(2019年4月開校)
所在地 及び 問い合せ

〒 156-0053
東京都世田谷区桜三丁目33番1号 地図
TEL  03-5477-4115
FAX  03-5477-4125
URL  http://www.nodaitoka.ed.jp

交通案内
小田急線「経堂駅」または東急世田谷線「上町駅」徒歩約15分
小田急バス・東急バス「農大前」徒歩約5分
 
学校情報 入試情報 学校説明会
校長/夏秋 啓子
児童総数/432人(完成年度定員)
教員数
初年度14名(完成年度に向け順次採用予定)
創立年度/2019年
系列校名
東京農業大学、東京情報大学、東京農業大学第一高等学校・中等部、東京農業大学第二高等学校、東京農業大学第三高等学校・附属中学校

教育目標
東京農業大学創設者、榎本武揚公は、未知なるものにひるまず、困難に立ち向かうことの大切さを「冒険は最良の師である」と表現しました。東京農業大学稲花小学校は、この言葉に基づき「冒険心の育成」を教育の理念とします。未知なる新しい世界に挑む気骨と主体性をもち、本気になって取り組み、科学的・実践的に学ぶ人間を育てます。
 また、教育理念を具現化するため、「冒険心」を形成する「3つの心と2つの力」に着目し、これらを育成することを教育方針とします。
(3つの心と2つの力)
・豊かな「感性」を育む
・深く考える「探究心」を育む
・継続する「向上心」を育む
・広く柔軟な「コミュニケーション力」を育む
・運動や生活をし、困難を乗り越えていく「体力」を育む

学びの特色

■多様な体験と、体験したことから考え、表現する学びを重視します。

■「理科」「家庭科」の授業を1年生から実施し、生き物や食に関心を持つ学びを重視します。

■「国語科」「英語科」の授業を1年生から毎日実施し、豊かな言語能力の習得を重視します。

■1日最大7時間の授業のなかで、時間をかけて丁寧に学ぶことを大切にします。


8時30分

土曜休み

制服あり

給食週5回

幼稚園なし
 

3学期制

36名2クラス

1〜2年毎

あり

通学時間
制限なし
 
●備考/原則として土曜日は休み。行事により登校日となる日が年8回程度ある。

施設・設備
図書室、音楽室、家庭科室、コンピュータ室、図工室、理科室、交流室、和室、多目的室、課外活動室、放送室、体育館、屋上プール。

学校行事等
運動会、宿泊学習、遠足、学習発表会
クラブ活動
高学年から実施予定

アフタースクール(学童保育)

特定非営利活動法人「放課後NPOアフタースクール」による委託運営。

・利用には保護者の就労要件を問わない。人数制限なし。

・平日(授業日)の利用時間は下校時から18時30分まで。夏休み等の長期休業や土日行事の振替休日等は8時30分から18時30分まで。延長預かり(有料)は19時まで。

・17時以降は保護者のお迎えが必要。最寄り駅やバス停へのスタッフによる随伴下校あり(有料)。

   
セキュリティ
登下校メール配信システムを導入。正門を通過すると指定アドレスにメールが配信される。アドレスは最大6アドレスまで登録可能。
登下校時以外は正門を閉じ、来校者には必ず警備員が対応。関係者以外の立ち入り不可。
また、校舎各所に防犯カメラを設置し、校舎・敷地内を監視。

保護者と学校との関わり
保護者の来校日は、各学期に実施する保護者参観日(授業参観と保護者会)、運動会、学習発表会等。1年生の「宿泊学習」も参加可能(任意)。
保護者組織「教育後援会」を組織。

復学制度
なし
 

東京農業大学は、1891年に榎本武揚公によって創設され、間もなく創立130年を迎えます。農学・生命科学分野に特化した全国でも数少ない大学であり、世田谷、厚木、北海道オホーツクの3キャンパスに全23 学科を展開、「実学主義」を教育理念とした実践的な教育を実施しています。

「農学」というと、「農業」のイメージを持たれるかもしれませんが、自然のこと、食のこと、地球環境のことと、実に幅広いテーマを対象としています。これらは、私たちの生活に身近なものであり、人間が生きていくうえでとても大切なことです。そして、生活に身近であるがゆえに、東京農業大学の教育・研究資源が小学校の教育に活かせると考えました。

東京農業大学の各キャンパスや、全国に設置された実験・実習施設には、専門的な設備や人的資源が豊富にそろっています。たくさんの卒業生がおり、連携する企業もあります。それらを活用すれば、子どもたちが、生きるために必要な力を育くむ教育が実現できる、という思いが、小学校を設置に至った基本的な考えです。

小学校の名前に用いられた「稲花」は、東京農業大学の「大学の花」でもあります。子どもたちが、まるで1本の穂に200 粒近い「コメ」を実らせる稲のように、様々な力と、可能性を育んでいくことができたら、なによりと思います。

進学情報
小学校→中学校
東京農業大学第一高等学校中等部内部進学は、学力基準が設定される予定。
中学校→高等学校
ほぼ全員が東京農業大学第一高等学校へ進学
高等学校→大学
北海道大学4、弘前大学(医学部含む)2、秋田大学(医学部含む)2、筑波大学2、埼玉大学3、千葉大学3、東京大学1、東京外語大学3、東京学芸大学2、東京農工大学6、東京工業大学2、東京海洋大学3、電気通信大学5、一橋大学2、富山大学1、金沢大学2、山梨大学2、信州大学2、京都大学1、大阪大学1、岡山大学1、香川大学1、九州大学1、大分大学(医学部)1、宮崎大学(医学部)1、鹿児島大学2、首都大学東京6、横浜市立大学2
早稲田大学30、慶應義塾大学14、上智大学20、東京理科大学29、明治大学67、青山学院大学29、立教大学21、中央大学38、法政大学44、学習院大学11
東京農大72  ほか

(東京農業大学第一高等学校
  2019年3月卒業生 実績)
学費

(2019年度概算)

 
初年度合計      約1,150,000
2年目以降合計     900,000円 
【内訳】
入学金

--------------
初年度のみ 
250,000円

---------
250,000円
授業料
施設設備費
教育充実費
---------------
年間学費 

600,000円
100,000円
200,000円
-----------
900,000円

【入学手続き時に必要な金額】 上記のうち250,000円
【返納制度】 なし
【その他】
給食費 650円(1食あたり)
英語教材費 7,000円(月額)
通学メールシステム利用料 450円(月額)
教材費 30,000円
学外活動等積立金 50,000円  
通学鞄(農大稲花小専用ランドセル) 約70,000円
制服 約60,000円  実習着 約20,000円
寄付金(任意)1口100,000円 3口以上
東京の私立小学校一覧
東京23区の幼児教室一覧
TOPへ 小学校受験の「お受験じょうほう」
HOME  サイトマップ  会社概要  セキュリティに関して  プライバシーポリシー  お問い合わせ  広告ご掲載のお問い合わせ

[運営・管理] 小学校受験 対策研究所 株式会社バレクセル  Copyright(C) 2005-2017 お受験じょうほう.All Right Reserved